会社 副業規定







会社の副業規定について

会社で副業禁止とされている場合、何故禁止としているかの理由まで把握していますか?

今回は意外と知らない、副業規定について紹介します。

まず副業規定というものは、各々会社で定められる基準になります。

この基準は、休日まで縛ることはできません。
何故副業を禁止するのかというと、夜帰宅後に副業をすることにより、遅刻をすることや、体調を壊して欠勤を繰り返すなどの、会社にとって好ましくないような状況を作りだす人が多いからなのです。
確かにそのような状況になると、どちらが本業かもわからなくなりますし、休んでいる間は確実に利益が損なわれることになります。

そのように会社に迷惑をかけないように定められている、基準なのです。
その他、社内秘密などが漏洩されてしまうなどの、会社に損害を与えるような行為を行なうことです。
例えば、大手企業で働いている場合、その会社の名前と出すと、仕事が入ってくることがありますね。

しかしそれは、会社の名前を利用して、会社外で仕事を受注することになるので、会社としては、利益を奪われてしまうことになります。
この場合でも、会社に損害を与えたとして解釈されるので、処罰基準となってしまいます。
また副業を禁止としている会社であっても、特別な理由がある場合は、きちんと申請を行なうことで、副業が認められるケースが多いようです。

それは、家庭の生活の保証までは出来ないからです。
そもそもバレてしまうことを恐れるぐらいであれば、堂々と申請をして行なうことも一つの手段と言えるでしょう。

↑ PAGE TOP