副業 ばれない 対策







会社に副業がばれないための対策

会社で副業を禁止されているにも関わらず、副業していてバレてしまった!なんてことになれば、謹慎処分になります。
しかし、居酒屋でアルバイトとして働くなどの、堂々としたものでない限り、バレる確率なんてほとんど無いから問題無い!なんて安易に考えていませんか?

確かにネット上で行なう副業の場合は、バレる可能性が低いような気がします。 しかし実際は、バレてしまう人がたくさんいるのです。

そこで今回は、会社に副業がばれないための対策を紹介します。

簡単にバレるのは、飲み会などで副業の話しをしないこと

例えば副業をしていて、たくさんの利益が出たとします。
こんな場合は、どうしても人に言いたくなってしまいますよね。 しかし、その安易な考えが自分のクビを絞めることになります。
その話しをした相手がどんなに信用できる相手であったとしても、その相手もそんなに良い副業があるのであれば、他の人にも教えてあげよう!と言う気持ちになるかもしれません。
そうしてどんどん噂として広がり、結果的に会社にバレてしまうこととなります。

家族名義の口座で給料を受け取る

家族の中で、収入の少ない人がいる場合、その人の名義の口座で受け取ることで、実際に仕事をしている人が誰かを、ごまかしてしまうという方法ですね。
しかしこの時に、扶養に入れる限度額を越えることのないように、注意しなければいけません。

20万円までで留める

給料と別の収入が、20万円までである場合は、確定申告をする必要がありません。
その為、年間収入を20万円までで留めることで、副業がバレることを防ぐことができます。

↑ PAGE TOP